牧草が主食です。牧草は食べ放題に!(うさぎの食べ物)

うさぎさんの食べ物は色々ありますが、健康的な食生活を送ってもらうために、量の順位があります。

  • 1番・・・牧草=食べ放題
  • 2番・・・ペレット(フード)=適量
  • 3番・・・おやつ(野菜・果物)=ほんの少し
  • 4番・・・サプリメント=必要に応じて(おやつの代わりとしても最適です)

【牧草】食べ放題

牧草には色々な種類がありますが、うさぎさんの好みや年齢に合わせて、最適なものを選んであげてください。
とにかく牧草は、いっぱい食べてもらいましょう。
しっかり牧草を食べてくれることで、胃腸の働きが良くなったり、歯を削ったりなど、色々な病気や体調不良を防いでくれます。

【ペレット(フード)】適量

ペレット(フード)も、色々なメーカーさんが、沢山の種類を販売しています。
食べさせる種類によって、もしくはうさぎさんの体系(太り過ぎ・痩せすぎ・丁度いい)などで、「適量」が違ってきます。
一般的には、「体重の2~5%」と言われていますが、うさぎさんの状態によって、またはペレット(フード)の種類によって様々です。

きちんとした「適量」を吟味するには、動物病院や、うさぎ専門店で相談するのが一番いいでしょう。

【おやつ(野菜・果物)】ほんの少し

本来なら、牧草とペレット(フード)だけで、食事としては十分です。
が、うさぎさんもちょっとした楽しみが欲しいものです。
また、食欲が落ちた時・ペレット(フード)や牧草を全く食べない時などに、うさぎさんの好物を知っていると、とても役に立ちます。
うさぎさんは、とにかく「何も食べない」というのが一番危険です。
病気や介護で、「おやつなら、何とか食べれる」という場合、少しでも何か口にしてもらいましょう。
また、普段おやつをあげる事で、うさぎさんとのコミュニケーションも計れて、より信頼関係を築くこともできます。

【サプリメント】必要に応じて(おやつ代わりとしても)

免疫を高める・毛球症を防ぐ・胃腸の動きを高めるなど、うさぎさんの健康をサポートしてくれます。
うさぎさんの体質や好みに合わせて、選んであげましょう。
また、おやつの代わりにもなるサプリメントもあるので、「おやつを減らして、代わりにサプリメント」をあげるのも良いでしょう。

最後に

うさぎさんの食べ物は、年齢・体型・体質・好み・環境など、様々な視点から選んであげる事が大切です。
「インターネットや書籍で調べても、結局は、うちの子に何を選んでいいのか分からない」という声も多く見られます。

そんな時は、是非、「うさぎtoかめ」にご相談ください。
どんな些細な事でも、真摯にお受けいたします。


うさぎさんのご相談、何でも受け付けてます。
お気軽にどうぞ!

メールはこちらから電話はこちらから