「おかしいな?」と思ったら、出来るだけ早く病院へ

「3日前から牧草の食べが悪い」「牧草は食べるけどペレットを食べない」「全体的に食べる量が急に減った」などのご相談を受けることがよくあります。

ちょっとした環境の変化や年齢による食べムラが原因の場合は、うさぎtoかめでもご相談に乗る事が出来ますし、より食べてもらうための工夫をアドバイスする事もできます。

でも、食欲不振の原因が「病気」によるものであれば、どんなに食事や環境を変えても、良い方向へは向きません

ですので、「何だかおかしいな?」と感じたら、まずは出来るだけ早く病院へ連れて行って、病気があるかないかを診断してもらってください。

一番心配なのが、「食欲が落ちているのに、様子を見ていて、もう3日になる」など、治療が遅れてしまうことです。
治療が遅くなればなるほど、長期間、病院へ通わなくてはいけませんし、最悪の場合は命の危険にさらされることもあります

以下の状態が見られたら、まずは病院へ連れて行ってあげてください。

  • 急に食欲が落ちた、もしくはまったく食べない
  • おやつは食べるけど、ペレット(フード)や牧草を食べない
  • 短期間のうちにペレット(フード)は食べるけど、牧草を食べなくなった
  • 短期間のうちに牧草は食べるけど、ペレット(フード)を食べなくなった
  • いつもより極端に水を飲む量が減った、または全く飲んでいない
  • 鼻の周りの毛が固まって、カピカピしている
  • 涙が止まらない
  • いつも元気よく動いているのに、急に動きが悪くなった

ここに挙げているのは、「おかしいな?」のほんの一部ですが、よくあるうさぎさんの不調の症状です。
他にも「おかしいな?」と思ったら、病院へ連れていくか、または、当店にご相談ください。


うさぎさんのご相談、何でも受け付けてます。
お気軽にどうぞ!

メールはこちらから電話はこちらから