健康の秘訣、うさぎの食べ物(ペレット)

うさぎの飼い方~うさぎの飼い方、まとめてみました!是非、読んでください♪

只今、スマートホン向けにリニューアルをしております。
しばらく、読みにくい状態になりますが、申し訳ありません。

 

基本的なうさぎの知識 健康な仔うさぎの見分け方
 健康の秘訣、うさぎの食べ物
 ┗ 牧草
ペレット

おやつ・野菜・果物
牧草をこぼしたり、嫌いな部分は
食べてくれません…

種類の違うペレットに切り替える方法
 正しい食事で予防できる病気
 ┗ うっ滞を知ろう!
伸び続けるうさぎの歯を削るには
うんちの大きさで分かる
健康状態
 エアコンで温度管理を!
 ┗ 温度管理のノウハウ
寒さ対策、これで安心!
暑さ対策、これで万全
夏の車内は危険!!!
 とても大切なケージ・キャリーの話
 ┗ うさぎにとって安全で快適なケージを選びましょう
キャリーは、うさぎ専用の物を使いましょう
ケージをかじって困ります
抱っこへの道【初級編】
 トイレ・爪切り・ブラッシングなど
 ┗ トイレのノウハウ・おしっこの話
うさぎも爪切りが必要!爪切りの話
特に換毛期は、ブラッシングをしっかりしてあげて!
ダニ予防!もしダニが付いたら、早期発見・早期治療!
 うさぎと上手にコミュニケーションをとろう!
 ┗ うさぎさんと楽しく安全に遊ぼう!
ちゃんとコミュニケーションとれてますか?
危険な物、かじってませんか?
うさぎの性質・性格・行動・心・気持ち
 大切な話(健康診断・多頭飼い・その他)
 ┗ サプリメントで健康アップ!更にご機嫌もアップ!
うさぎを飼う上で、必要なチェック項目
お家で出来る健康診断
2羽以上でうさぎを飼う(多頭飼い)について
その他知っておいて欲しい大切な事
健康の秘訣、うさぎの食べ物=【ペレット】

各メーカーがいろんな種類のペレットを出しています。ペレットの種類によって、与え方や量も違うので、まずは、各種類のペレットに記載されている内容をしっかり読んで、与えるようにしてください。

気を付ける点は、無駄な添加物が入っていないものを選ぶ事です。
「うさぎが良く食べるように」と、小麦粉やハチミツなどで味付けをしているものもあります。おいしいので、うさぎさんは好んで食べてくれますが、健康面を考えるとあまりお勧めできません。

質素で牧草を中心としたペレットを選んであげてください。

そのペレット、本当に健康にいいですか?

うさぎさんが良く食べるからといって、ペレット(ラビットフード)を食べ放題にしてませんか?

量を制限されてる方も、「大体一掴みを一日2回・・・」など、きちんとした量が分からないあげ方をしていませんか?

健康に配慮されたペレットを選んでますか?
「美味しそうに良く食べる」という理由だけで、ペレット(ラビットフード)を選んでいませんか?

 

 

当店では、爪切りやブラッシングの有料サービスを行っているのですが、その時うさぎさんの体を触ってみると、時々太り気味のうさぎさんがいます。

太る原因で多いのが、おやつのあげ過ぎに続いて、「高カロリーのペレットのあげ過ぎ」です。

もちろん、牧草だけでは必要な栄養すべてを補え無いので、ペレットも大切です。

また、今では、うさぎ用ペレットも、どこでも購入する事が出来ますし、沢山の種類があります。

 

健康に配慮されたペレット(ラビットフード)を選ぶ
でも!
本当はペレットの種類選びって、すごく大切なんですよ!必要以上に栄養が入っているペレットは逆に、食べ過ぎると太ってしまうし、いつか内臓疾患につながる可能性も高くなるんです。

小麦粉・米ぬか・ふすま・とうもろこしなどが沢山入っているものは、あまり良くありません。
砂糖類・ハチミツ類で不必要な味付けをしているものも良くありません。保存料・着色料が入っているものにも注意してください。

 

適量を知る
でも適量を守って頂ければ太りすぎる事はありません。
ただ、うさぎさんにあげる量がかなり少なくなります。「良く食べるから~」と食べ放題は本当はダメなんですよ。

 

まずはベスト体重を知って、そこからペレットの適量を計算する

ペレットの量は、体重の1%~3%と言われていますが、まずはうさぎさんのベスト体重を知る事が先です。

痩せている体重でペレットの量を計算しても少なすぎるし、太った状態でペレットの量を計算しても多すぎます。

獣医さんや、うさぎ専門店に相談して、その子のベスト体重を相談してください。

 

子うさぎはやや多めにペレット(ラビットフード)を与える
子うさぎは、生後6ヶ月~8ヶ月くらいで大人の大きさになります。
それまでは小さいからといって、小さい時の体重でペレットの量を割り出すと、とても少しの量になってしまいます。体がしっかり出来上がるまでは、1%~3%で計算したペレットの量より、少し多めに食べてもらった方がいいでしょう。

 

健康診断などで、太りすぎていないか?やせすぎていなか?をマメにチェックする
うさぎさんの体重は、変動します。
その変動によって、ペレットをあげる量を調節することも大事です。また、年齢を重ねると食事量が減ってきたりしますので、シニア用などのペレットに切り替えていく事もあります。

獣医さんや、うさぎ専門店に相談しながら、その子のその時期に適した量・種類を考えてあげてください。

 

まとめ
真剣にうさぎさんの健康を考えてあげるなら、必要の無い混ぜ物が入ってないペレットを選んでみませんか?
「おいしいけど、健康に良くないペレット」よりは「味は質素だけど、健康に良いペレット」が良いと思いませんか?ペレット選びは、とても重要なんですよ。

ページTOPへ