健康の秘訣、うさぎの食べ物(牧草)

うさぎの飼い方~うさぎの飼い方、まとめてみました!是非、読んでください♪

只今、スマートホン向けにリニューアルをしております。
しばらく、読みにくい状態になりますが、申し訳ありません。

 

基本的なうさぎの知識 健康な仔うさぎの見分け方
 健康の秘訣、うさぎの食べ物
 ┗ 牧草
ペレット

おやつ・野菜・果物
牧草をこぼしたり、嫌いな部分は
食べてくれません…

種類の違うペレットに切り替える方法
 正しい食事で予防できる病気
 ┗ うっ滞を知ろう!
伸び続けるうさぎの歯を削るには
うんちの大きさで分かる
健康状態
 エアコンで温度管理を!
 ┗ 温度管理のノウハウ
寒さ対策、これで安心!
暑さ対策、これで万全
夏の車内は危険!!!
 とても大切なケージ・キャリーの話
 ┗ うさぎにとって安全で快適なケージを選びましょう
キャリーは、うさぎ専用の物を使いましょう
ケージをかじって困ります
抱っこへの道【初級編】
 トイレ・爪切り・ブラッシングなど
 ┗ トイレのノウハウ・おしっこの話
うさぎも爪切りが必要!爪切りの話
特に換毛期は、ブラッシングをしっかりしてあげて!
ダニ予防!もしダニが付いたら、早期発見・早期治療!
 うさぎと上手にコミュニケーションをとろう!
 ┗ うさぎさんと楽しく安全に遊ぼう!
ちゃんとコミュニケーションとれてますか?
危険な物、かじってませんか?
うさぎの性質・性格・行動・心・気持ち
 大切な話(健康診断・多頭飼い・その他)
 ┗ サプリメントで健康アップ!更にご機嫌もアップ!
うさぎを飼う上で、必要なチェック項目
お家で出来る健康診断
2羽以上でうさぎを飼う(多頭飼い)について
その他知っておいて欲しい大切な事
健康の秘訣、うさぎの食べ物=【牧草】
野うさぎは、繊維質の高い野草や、冬季には木の皮を食べて過ごします。これにより、普段からしっかり繊維質を取り、歯を削っているのです。
飼いうさぎは、生野菜やペレットだけでは、十分な繊維質が取れません。また、牧草を歯ですりつぶしながら食べることにより、歯を自然に削ることが出来るのです。この事から、牧草は主食として与える事が必要となります。
牧草は、切らさずいつでも食べられるよう、食べ放題にしてあげてください。牧草を沢山食べる事で、色々な病気の予防になります。牧草を沢山食べてもらうためには、ペレット・おやつ・野菜は、与える量を守らなくてはいけません。
ペレットは一日に決められた適量を、おやつ・野菜はほんの一口にとどめておいて下さい。

本当に牧草を沢山食べてくれてますか?

牧草の大切さをご存知ですか?

うさぎさんは草食動物ですから本当は牧草をしっかり食べてもらいたいです。

「取り合えず牧草もあげて」という感覚で、毎日うさぎさんがどれだけ牧草を食べてくれているかちゃんとチェックせずに見過ごしていませんか?

 

ペレットは、あくまで「補助」の役目!とにかく牧草を!

ペレットの役目は、牧草だけでは補えない栄養を補うための、「補助」としての食品。

1番うさぎさんに食べて欲しいのは「牧草」なのです!

ペレットを食べ切ったら、後は牧草をしっかり食べてもらうのが1番です!

 

糞で見分ける「牧草をたべている量」

牧草を良く食べてくれているうさぎさんは、とても良い糞をします。

うさぎさんの糞は、黒くて小さくないですか?
これは、牧草をあまり食べていない証拠です。

牧草を沢山食べていれば、茶色の濃い大きな糞になります。

では、牧草ってどうしてそんなに大切なのでしょうか?

うさぎさんは腸が、物凄く長いので牧草に含まれる繊維質がうさぎさんの一番必要な栄養素なのです。牧草を沢山食べて、お腹をいつも動かしている事も大切です。

 


それから、牧草を食べる時に、歯を磨耗する働きがあります。

うさぎさんの歯は毎日伸び続けます。
牧草をあまり食べず、歯がどんどん伸びてしまったら、歯が口の中を傷つけてしまい、痛くて食べられなる事もあります。

 

牧草の1番刈りと2番刈りの違い
1番刈り  2番刈り
繊維質  豊富  少なめ
カロリー  低め  高め
硬さ  硬め  柔らかめ
 茎が多い  葉が多い
その他  健康に一番良い  1番刈りに比べ趣向性が高い

 

なるべく1番刈りを食べてもらいましょう

「1番刈りの葉っぱばかりを食べて、茎を残すんです。葉っぱが多い2番刈りに切り替えた方がいいでしょうか?」というご相談をよく受けます。

しかし、繊維質やカロリーの面から考えても、うさぎさんが食べてくれるなら1番刈りを食べさせてあげてください
うさぎさんが選り好みをして残してしまう茎などは、もったいないと思われるでしょうが、健康面を一番に考えるなら、やはり1番刈りを与える事をオススメします。

 

まとめ
牧草は、うさぎさんの「主食」です。
ペレットや野菜・果物・おやつは、あくまで補助食品。牧草はどれだけ沢山食べてもいいんです。
「牧草をあまり食べていないうさぎさん」には、ペレットや野菜・果物・おやつの量を見直して下さい。
そして、うさぎさんの好む牧草を探してあげる事が大切です。
牧草をいっぱい食べて、健康的な糞をしてくれたら嬉しいですね!

 

ページTOPへ